真心と、きもちのこもったおつきあい

HOME > 採用情報 > 先輩社員の紹介 > 平成17年入社 窪 英登

採用情報

先輩社員の紹介

窪 英登

平成17年入社
窪 英登

車はまるで人間のよう。それぞれに個性と性格があります。

初めは身近で人の役に立てる仕事に就きたかったんですが、なかなか具体的にコレっていう仕事を意識しないまま、高校生活を送っていました。そんな頃、たまたま始めたガソリンスタンドのアルバイトがとても楽しくなり、だんだんと車に興味を持つようになりました。自分も将来、車を自由にさわれるようになりたい!って思い、自動車整備の専門学校入学を決めました。奈良トヨタに入社して、田原本店に配属になり、毎日車を整備していると、まるでそれが人間であるかのように車に愛着が湧いてきます。人間と同じように、車にもそれぞれに性格があり、表情があり、不具合や症状があります。自分の仕事はまるで医者になったように車と会話し、それぞれに点検整備していきます。車によって色々な事があるので、それもまた楽しい事の一つだなって思います。もっともっと車の事を知りたい!って思うのでこれからも真心を持って車とお客様に接していきたいと思います。

自分もお店も、日々着実に進歩していきます。

朝は社内の清掃から始まります。ショールーム、ストール(作業スペース)、事務所の掃除をし、週に一度は店舗周辺の美化清掃作業も行います。ラジオ体操、朝礼のあと、本日の来店予定、仕事の予定、連絡事項等の確認を行います。お客様が来店される際にはお出迎えをし、お車の調子などを伺います。あとは新車の点検、用品の取り付けなどを行います。すべての作業はお客様に満足していただけるよう、注意をはらって丁寧に作業します。一日の終わりにはその日にあった事例を話し合い、今後お客様にご満足していただくために取り組んでいます。自分もお店も、毎日着実に進歩していきます。

 

「ありがとう」の一言で、「次も頑張るぞ!」って思います

日々成長していくことが実感できる事が何よりも楽しく、やったことのない作業をうまくできるととてもうれしく思います。仕事の一つに新車の用品の取り付けがあるのですが、すぐにできるものから複雑で時間のかかるものまで様々あります。ただ単に手順どおりに作業をこなしていくんじゃなく、他の部品とのつながりや電気の流れなんかを気にして作業していくと、新しい発見があったりよりスムースにできたりと、とても面白くなってきます。またお客様と接する機会がとても多いんですが、点検や洗車などで喜んでいただけるととても気分がよく、お客様との会話の中で「ありがとう」などといっていただけると、「次も頑張るぞ!」ってやる気がでてきます。

一歩一歩前進です!

入社してすぐのころには1時間以上かかっていた作業が、今では半分以下の時間でできるようになったことにすごく成長を感じます。最初の頃にちょくちょくあったミスも、今ではだいぶ少なくなり自分の作業に自信を持てるようになってきました!とはいっても気を抜くとすぐにミスしてしまったり、失敗したりしてしまいます。油断大敵。いつも気をひきしめて作業をしないと、自分の失敗で自分が困るだけでなく、お客様や上司、先輩に迷惑をかけることになってしまいます。まだまだ未熟なので集中して作業することがとても大切ですし、学ぶことはたくさんあります。先輩の技を多く吸収して、一歩一歩確実に進んでいきたいと思います。

いつも上を見続けられるように。

僕の目指すところは、『いつもしっかりと考えて、いつまでも上を見続ける人になりたい』って思っています。「車って本当に奥が深い」って思いますので、向上心がないと決して一流の整備士にはなれないと思います。「とりあえずこれくらいでいいか」って妥協することなく、いつもしっかり前を見続けて、知識と技術をコツコツと身につけていきたいと思います。
また技術や知識だけでなく、お客様から「頼りになる整備士」って思われるためには、気遣いや心配りがとても大切だと思います。お客様とのふれあいや日々のフォローをしっかり積み重ねて、誰からも頼られるかっこいい整備士になりたいです!

前のページへもどる

Copyright NARA TOYOTA. All Rights Reserved.